« 中部国際空港の旅客数は開業時の7割 二本目滑走路は必要なし | トップページ | 学区の運動会 »

2012年10月 5日 (金)

小型家電のリサイクルへ 環境局で回収方法など検討中

本日の市議会総務環境委員会では、小型家電の回収について質問しました。名古屋市は昨年度と一昨年度、国が実施した「使用済小型家電からのレアメタル回収モデル事業」に協力しています。昨年度は、ホームセンターなど市内3店舗にボックスを置き、来店者にチラシでお知らせしたところ、211個の小型家電が回収できたそうです。また、来店者に聞き取り調査を行ったところ、約86%の方から「回収に協力する」と回答があったそうです。

市環境局は、不燃ごみ中の小型家電の潜在量も調査しており、「年間1600トン程度の回収が見込まれる。各戸収集の場合、抜き取りなどによる(携帯電話などの)個人情報保護の課題もある。ボックス回収の場合は、買い物のついでに出してもらえる」と答え、回収方法などを検討していることを明らかにしました。私は、小型家電リサイクル法の制定を受けて、小型家電回収を早急に実施するよう求めました。

« 中部国際空港の旅客数は開業時の7割 二本目滑走路は必要なし | トップページ | 学区の運動会 »

環境・水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/55817915

この記事へのトラックバック一覧です: 小型家電のリサイクルへ 環境局で回収方法など検討中:

« 中部国際空港の旅客数は開業時の7割 二本目滑走路は必要なし | トップページ | 学区の運動会 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ