« 植田東コミセンの整備など要望――「天白区を住みよくする会」 | トップページ | 風害は日平均風速では意味がない――名市大病院と近隣住民が会合 »

2012年8月29日 (水)

住民運動が起きている都市計画道路を視察

 Photo
 天白区・昭和区で住民運動が起きている都市計画道路を視察し、住民のみなさんから話を聞きました。

八事天白渓線は、東山公園の南端に計画されています。道路予定地の脇には、湧水がわいているところがありました(写真上)。名古屋市は、東山公園テニスセンター前の渋滞の緩和を建設理由にあげていますが、環状2号線の開通後、市の調査でも通過車両は減少しています。 

山手植田線は、八事日赤北交差点で5差路になります。住民は「信号が増え、さらに渋滞が増す」といって反対。警察も難色を示しているそうです。道路予定地では、事業化されると立ち退きしなければならないのに、新築ラッシュです(写真右下の背後の家もそうです)。

 弥富相生山線は、河村市長が判断を先送りPhoto_2しているため、工事がストップしたままになっています。樹林の中に、橋脚がポツンと立っていました(写真左下)。
 

 高田町線は、住宅街の中を貫く計画です。対象物件は約300件、事業費は約135億円だそうです。近辺に車の渋滞はなく、住民から建設要望も出ていない道路です。

Cimg0051

« 植田東コミセンの整備など要望――「天白区を住みよくする会」 | トップページ | 風害は日平均風速では意味がない――名市大病院と近隣住民が会合 »

住宅・まちづくり・交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/55535441

この記事へのトラックバック一覧です: 住民運動が起きている都市計画道路を視察:

« 植田東コミセンの整備など要望――「天白区を住みよくする会」 | トップページ | 風害は日平均風速では意味がない――名市大病院と近隣住民が会合 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ