« 環状2号線の工事被害 住民の請求で名古屋市が環境調査 | トップページ | 自衛隊の護衛艦の名古屋入港で申し入れ »

2012年5月23日 (水)

「地震か!?と思ったほどの振動だった」 環状2号線の建設工事

 Cimg0005
 環状2号線の工事被害で市に調査請求されたお宅を訪ねました。天白区島田が丘のSさんは、「工事中に飛んできた土砂が屋根に積もり、それが雨で樋に流れ込み、樋がゆがんでしまった。瓦がずれたり、外壁にき裂が入ったりした。雨漏りが心配なので修理したが、中日本高速(株)は補償してくれない」と言います。門柱のブロックも欠け落ちたので、修理したそうです(写真上)。
 

 「ガレージの壁にき裂が入り、雨水が浸み出した」という島田が丘のNさん。こちらも修理してありました(写真下)が、補償の対象にはなっていません。SさんもNさんも、「工事中は『地震か!?』と思うほどの振動があった。工事騒音もひどかった。現場に苦情を言うと、そのときだけ工事が止まった」と言います。Sさん宅の前では、掘削工事の際に地下水を汲み上げていたそうです(届出対象だったのか確認する必要あり)。
Cimg0008

 現地を見て話を聞く限り、工事中の振動や地下水の汲み上げによる地盤沈下が、家屋に被害をもたらした可能性は大きいと思いました。「工事との因果関係はない」と突っぱねる中日本高速(株)の姿勢に、住民は納得していません。

« 環状2号線の工事被害 住民の請求で名古屋市が環境調査 | トップページ | 自衛隊の護衛艦の名古屋入港で申し入れ »

環境・水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54782196

この記事へのトラックバック一覧です: 「地震か!?と思ったほどの振動だった」 環状2号線の建設工事:

« 環状2号線の工事被害 住民の請求で名古屋市が環境調査 | トップページ | 自衛隊の護衛艦の名古屋入港で申し入れ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ