« 天白区後援会が毎週、「お帰りなさい宣伝」 | トップページ | 高齢化の団地で老人クラブが解散 »

2012年4月13日 (金)

市バス運行の改善もとめて署名活動

 野並学区の日本共産党支部と後援会は、「市バス増便、路線復活を求める署名」にとりくんでいます。昨年3月、地下鉄桜通線が徳重まで延伸された際に市バス路線が再編され、野並学区の住民は、運行本数の減少やバス停の閉鎖・変更などによって不便を強いられています。野並の党支部は、バス停で待っている人にアンケートなどを行って要望を聞き、それをもとに署名をつくって集めています。 

 私も今日、野並支部の人たちと署名のお願いをしながら地域を回りました。「昼間の本数が1時簡に1本に減らされ、病院で診察を受けて帰るとき、バス停で1時間近くも待たされるときがある。車を運転しない年寄りにとっては、市バスが頼り。せめて、1時間に2本にしてほしい」など、切実な声をたくさん伺いました。この署名は住民の共感を呼んでいます。野並支部・後援会は、今月25日、名古屋市交通局に署名を提出して、改善を要望する予定にしています。

« 天白区後援会が毎週、「お帰りなさい宣伝」 | トップページ | 高齢化の団地で老人クラブが解散 »

住宅・まちづくり・交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54462065

この記事へのトラックバック一覧です: 市バス運行の改善もとめて署名活動:

« 天白区後援会が毎週、「お帰りなさい宣伝」 | トップページ | 高齢化の団地で老人クラブが解散 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ