« 「尾張名古屋共和国」構想 花見の宴で話し合うことなのか | トップページ | 名古屋市土地開発公社の保有土地627億円 10年間で買戻せるのは半分!? »

2012年3月28日 (水)

河村たかし市長と懇談――消費税増税、「尾張名古屋共和国」、南京事件発言で

20120328 日本共産党市議団は本日、消費税増税、「尾張名古屋共和国」構想、「南京事件」否定発言などについて河村たかし市長と懇談しました。

日本共産党の提言『消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開へ』http://www.jcp.or.jp/web_policy/2012/02/post-141.htmlのパンフレットを市長に贈呈。「減税と言っている私だから、増税はイカン」と河村市長。消費税増税反対では一致できます。

河村市長が呼びかけている来月4日に名古屋城で開く花見について、誘われたわしの団長が、「尾張名古屋共和国」構想への懸念を述べた後、「周辺の市町村長さんたちのご意見は伺いたいが、酒席ではなくて、市役所などで議論したいと思います」と丁重にお断りしました。

南京事件に関する政府見解=「日本軍の南京入城後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できない」について、河村市長は「自分の見解とほぼ同じ」と、今日も言いました。わしの団長は、「政府見解を認めるなら、『いわゆる南京事件はなかったのではないか』という発言は撤回すべきではないか」と問いかけましたが、市長は黙して語りませんでした。

 河村市長はたいへんお疲れの様子。今朝の「毎日」1面の「リコール署名簿 市長支持者が流出主導」という記事のことで頭がいっぱいのようでした。

« 「尾張名古屋共和国」構想 花見の宴で話し合うことなのか | トップページ | 名古屋市土地開発公社の保有土地627億円 10年間で買戻せるのは半分!? »

国政・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54330082

この記事へのトラックバック一覧です: 河村たかし市長と懇談――消費税増税、「尾張名古屋共和国」、南京事件発言で:

« 「尾張名古屋共和国」構想 花見の宴で話し合うことなのか | トップページ | 名古屋市土地開発公社の保有土地627億円 10年間で買戻せるのは半分!? »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ