« 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 | トップページ | 「慣例打破」に名を借りた「居座り」 中村議長の続投宣言 »

2012年3月13日 (火)

住宅用太陽光パネル設置補助 来年度は件数が増えます

名古屋市は来年度、自然エネルギーの普及を進めるために、住宅用太陽光パネルの設置補助の件数を2200件に増やします。今年度は、当初予算では500件でした(補正予算で1400件追加)。日本共産党市議団は1月、予算原案にたいする要望書を河村市長に提出し、その中で「住宅用太陽光発電設備の設置補助を抜本的に拡充すること」を求めました。この要望がある程度、予算案に反映されたと思います。

 名古屋市は「低炭素都市なごや戦略実行計画」で、住宅用太陽光発電設備を2020年までに64000件にする目標を掲げています。市議会総務環境委員会で、「この目標を達成するためには、2200件でも少ないのでは」という私の質問に、市環境局は「年を経るごとに設置件数は増えていくと考えている」と答弁しました(9日)。

一方で、補助単価は今年度の4万8千円/kwから2万円/kwと減額されます。環境局は今年度と同額を予算要求しましたが、財政局にねぎられてしまったようです。私は「補助単価の引き下げはいかがなものか。太陽光パネルを設置した場合、補助金が出ることによって、10年でペイできると聞いてきたが、10年でペイできなくなるのではないか」と質問。環境局は、「パネルの設置価格が下がってきているので、おおむね10年で元が取れる」と答えました。

河村市長も「脱原発」と言っているのですから、原発に代わる自然エネルギーの普及には大いに力を入れなければならないと思います。

« 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 | トップページ | 「慣例打破」に名を借りた「居座り」 中村議長の続投宣言 »

原発・自然エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54211386

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅用太陽光パネル設置補助 来年度は件数が増えます:

« 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 | トップページ | 「慣例打破」に名を借りた「居座り」 中村議長の続投宣言 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ