« 名古屋経済の再生と消費税増税を考えるシンポジウム | トップページ | 減税日本市議団が分裂 »

2012年3月21日 (水)

地域委員会の新たなモデル実施は地域に強制せず

先の2月市議会の総務環境委員会では、地域委員会の新たなモデル実施予算について議論が白熱しました。このモデル実施は、来年度から2年間、市内16区32地域で実施が予定されています。ただし、1区2地域については、「目標とするのではなく、あくまで募集の上限として位置づけること」との附帯決議が付きました。区役所が2地域での実施を目標にしてはいけない、モデル実施がゼロという行政区があってもいいという趣旨です。これは当然です。地域委員会のような新たな住民自治の仕組みというのは、行政が地域に押し付けるものではないからです。モデル実施箇所は、「地域の自主的な申請にもとづく手上げ方式」によって募集されます。

この附帯決議には、地域委員会の全市実施を公約している「減税日本」も共同提案者になりました。私は総務環境委員会で、「附帯決議の趣旨には賛同できるし、地域委員会のモデル実施に反対はしないが、予算全体に反対なので、附帯決議には反対せざるをえない」という態度を表明しました。

« 名古屋経済の再生と消費税増税を考えるシンポジウム | トップページ | 減税日本市議団が分裂 »

地方自治・住民自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54273258

この記事へのトラックバック一覧です: 地域委員会の新たなモデル実施は地域に強制せず:

« 名古屋経済の再生と消費税増税を考えるシンポジウム | トップページ | 減税日本市議団が分裂 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ