« 留学生への新たな奨学金制度 姉妹友好都市枠は南京市から? | トップページ | 大震災1年 さよなら原発集会と議員総会 »

2012年3月10日 (土)

平針北で小さな集い

 Photo_2 平針北学区の後援会員のお宅で、10人ほどの集いが開かれました。石川ひさしさんが、日本共産党の「提言」を紹介しながら、消費税に頼らず社会保障を充実させ、財政危機を打開する展望について語りました。私は、名古屋市政の現状と日本共産党の立場について話をさせていただきました。

 少人数の集まりですから、参加した人たちが、日ごろ思っていることや市政・国政への要望などをざっくばらんに語り合うことができます。共産党への期待とともに注文も出されました。初めて顔を合わせた人たちも、集いが終わったときには、すっかり打ち解けていました。

« 留学生への新たな奨学金制度 姉妹友好都市枠は南京市から? | トップページ | 大震災1年 さよなら原発集会と議員総会 »

政党・後援会」カテゴリの記事

コメント

税金は、所得再分配機能を充実させ、なるべく貧富の格差を縮小させる構造にすべきと
私も思います。
その観点からすると、消費税は、貧しい者が生きるために税を払うという、最悪の税金ですね。

こちらも、ご参考にどうぞ・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/miyasitama2000/61362337.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54187516

この記事へのトラックバック一覧です: 平針北で小さな集い:

« 留学生への新たな奨学金制度 姉妹友好都市枠は南京市から? | トップページ | 大震災1年 さよなら原発集会と議員総会 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ