« 平針北で小さな集い | トップページ | 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 »

2012年3月11日 (日)

大震災1年 さよなら原発集会と議員総会

Photo_5  東日本大震災と原発事故から1年が経過しました。私は今日、午前中は衆院比例東海ブロックのかわえ明美さん、愛知3区の石川ひさしさん、共産党高坂・しまだ支部のみなさんといっしょに、スーパー前で宣伝しました。かわえ明美さんは、「被災者の生活再建や地域経済に冷や水を浴びせる消費税増税は絶対に許せません」と訴えました。

 その後、「さよなら原発集in愛知~明日につなげる大集会」が開かれている久屋市民広場に行きました。思想信条の垣根を超えて、「原発ノー」の一点で共同する集会です。日本共産党も、「原発ゼロ」の日本をめざして、共同の輪を広げるために力を尽くしています。会場で出会った新日本婦人の会天白支部の女性をパチリ(写真)。

Photo_6  議会運営委員会理事会に出席するため、メインの集会が始まる前に久屋市民広場を後にして市役所へ。議運理事会では、薬事法違反で書類送検された「減税日本」の金城市議と東県議の件について、「減税日本」の幹事長から報告がありました。「減税日本」としての対応は、14日に記者会見を開いて市民に説明するというもの。理事会では、他会派の幹事長から、「記者会見で終わりか」と質問が出ましたが、「減税」幹事長は、「今後は検察の判断を見守りたい」というだけ。私も、「記者会見で済ませてよいのか。市民から選ばれた公職者としての責任の重さと名古屋市議会に与えた影響を自覚してほしい」と言っておきました。市民からは、「薬事法違反だということを知らなかったで、許されるのか。議員辞職にあたいする」という声も出ているぐらいですから、「減税日本」にはことの重大性をもっと感じてほしいものです。

 

 議員総会では、全員(といっても「減税日本」市議が1人欠席)で犠牲者の冥福を祈って黙とうした後、東日本大震災の犠牲者の追悼と被災地の復興支援に関する決議を採択しました。名古屋市は、陸前高田市への職員の派遣を来年度も継続することにしていますが、被災地が一日も早く復興するよう、力の限り支援を行うことを誓い合いました。

« 平針北で小さな集い | トップページ | 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

>消費税増税は絶対に許せません
>「原発ゼロ」の日本をめざして

こういった一言フレーズとかスローガンのみで、民衆を操る時代は、すでに終わりつつあります。

市民、官僚、政治家が分け隔てなく、個々の問題の構造と情報を共有し、
国民が一人一人が政治を考え、選挙により時の民意を背負う者が政策を実行する時代
がすぐそこまで来ていると考えられます。

さて、田口さんのブログでも、残念ながら、
一言フレーズとスローガンは飛び交いますが、
一般の方が、政治上の判断を個々の問題の構造と情報を共有する為には、
何らの必要な情報が・・・

こういったブログを説得の場として使うか、シンクタンクとして使うか、
今後も注目していきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54196703

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災1年 さよなら原発集会と議員総会:

« 平針北で小さな集い | トップページ | 「中京都」も「尾張名古屋共和国」も道州制をにらんだ構想 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ