« 河村市長の「南京事件はなかった」発言に抗議と撤回を申し入れ | トップページ | 「南京事件」は「討論」問題などではない »

2012年2月22日 (水)

「土下座外交」の打破どころか、外交の道を閉ざす河村市長発言

「南京の(大量虐殺)事件はなかった」という河村たかし名古屋市長の発言を受けて、南京市は、名古屋市との交流を当面の間、停止すると発表した。これにたいして河村市長は、「発言は、真の日中友好のために、互いに広く心を開いて話し合っていこうという思いからだ。……真意が(中国側に)伝わっていないのではないか」(「中日」)と述べたという。

しかし、河村市長の真意は、「互いに広く心を開いて話し合う」ことにあるのではない。彼は、衆議院議員時代に体系化した『河村ビジョン・庶民革命』の「外交論」で次のように述べている。

「『平和外交』の名の下に、何も言わない、争わない外交」=「土下座外交」を展開しており、「首相が靖国参拝もできないでいる」。この現状を打破し、「『南京大虐殺記念館』……などにも行き、言うべきことは言う」「直接ものを言う外交を展開する」。

今回の発言も、この持論に立脚したものである。

どんな大国であれ、堂々とものを言う外交姿勢は重要だが、それは、道理と大義に立ったものでなければならない。日中関係においては、日本が、過去の侵略戦争についてきびしく反省することが大原則である。尖閣諸島の領有問題でも、日本政府は侵略戦争に対するきちんとした反省がないから、日本に領有権があると堂々と言えないのである。

ところが、河村市長は、日本の戦争を侵略戦争だったとは認めていない。『河村ビジョン』でも「侵略戦争、自衛戦争はさておき」と脇に置いている。日本の侵略戦争を認めたくない河村氏は、「南京事件」についても、捕虜と住民に対する大規模な殺戮行為があったという歴史事実を否定し、一般的な戦闘行為にすり替えるのである。侵略戦争を反省せず、美化する立場に立つかぎり、真の日中友好関係は築けない。「土下座外交」どころか、外交の道さえ閉ざしてしまうことになる。現に、名古屋市と友好都市提携を結んでいる南京市との交流が断たれようとしているが、これは、名古屋市民と地域経済に重大な否定的影響を与えるものである。河村市長には猛省を求めたい。

« 河村市長の「南京事件はなかった」発言に抗議と撤回を申し入れ | トップページ | 「南京事件」は「討論」問題などではない »

国政・国際」カテゴリの記事

コメント

大阪維新の会が「船中八策」を公表して、
減税日本と政策的な差が明確になったときに
(というか、橋下氏が「減税」を否定した時に)

河村市長は即座に大阪に出かけて橋下氏と面談しました。
(2月3日)
河村―橋下という個人的な関係でこれほどの動きをしたわけです。
(市長としての公的な行動ではない事は確認しています)

今回の場合は、
南京市と名古屋市という長年にわたる交流にかかわる事であり、
河村氏が真意が伝わっていないと言われるのであれば、
即座に出かけて行って誤解を解くべきではないのでしょうかね?

この差が気になります。

河村は市政以外の事柄に口出しや放言が多い、中国が日本の揚げ足取りをして攻撃してくる事は分ってるのに、キチガイ市長には理屈を言っても通らない。市長の軽々しい言動は名古屋市民の良識と名誉を毀損する。

 侵略って何でしょうか。侵略と言うからには定義があるはずです。果たして日中戦争は侵略だったのでしょうか。少なくとも満州は正確には万里の長城の外の満州族の国ですよね。漢民族の土地中国ではないはずです。逆に満州族が中国を支配して清国になったのであって、モンゴルが中国を支配して元になったのとおなじはずです。なのに満州も内モンゴルもチベットもウイグルも中国であると主張し無理やり中国に取り込むこと自体が侵略なのではないですか?民族の自決権はみとめないということでしょう。更に南シナ海・東シナ海全域を中国の核心的利益と一方的に宣言し海軍力を背景に中国の領海とすること自体が侵略なのではないですか。周辺諸国の海域は認めないと言うのですから。あなたのおっしゃることはおかしいです。

>「南京事件」についても、捕虜と住民に対する大規模な殺戮行為があったという歴史事実を否定し、
「歴史的事実」と断定する以上その証拠がある筈ですよね、いますぐ示してください

>日本が、過去の侵略戦争についてきびしく反省することが大原則である。
それをしつこく要求してくるのはチャイナと南北コリアだけですよ

hiro君へ
満州事変(侵略)以降は植民地を持ってる列強国と大日本帝国がこれ以上
植民地を増やさない条約を交わした、大日本帝国もその条約にガッツリ署名
している。しかし中国に攻め込みたい大日本帝国は支那事変・日華事変・
日支事変と称し、これは戦争ではないのだから条約違反ではないなどと
議論好きの中学生のような詭弁を弄して条約違反の日中戦争を起こす。

その条約違反に激怒した加盟国は連合組んで大日本帝国をフルボッコ。
大日本帝国の軍部は負けて国民から責められるのを恐れて一億総自殺行為
の無茶苦茶かつカルトな戦闘に巻き込んで国民を皆殺しにしようと企てる。

しかし敗戦を決意した天皇に軍部は一喝されて御前会議の場で子供のように
全員泣き崩れる。

こんな大日本帝国を正当化できるわけ無いだろ。ok

> 「歴史的事実」と断定する以上その証拠がある筈ですよね、いますぐ示してください


【言論チンピラ妄言解毒対策レス#204】
ヽ(#`Д´)ノネトウヨ ファショショーの慟哭★
「証拠出して見ろwwwww証拠無いから出せないんだろwwwww」

d(・∀・)y一~~イケメン学者のアンサー☆
ここに沢山ありますよ。ok

南京戦史編集委員会 「南京戦史」 (偕行社)←現在入手極めて困難
→「南京戦史」「南京戦史資料集」「南京戦史資料集Ⅱ」
南京事件調査研究会 「南京事件資料集」全2巻 (青木書店)
→第1巻「アメリカ関連資料編」 第2巻「中国関係資料編」
洞富雄編 「南京大残虐事件資料集」全2巻 (青木書店)
→第1巻「極東国際軍事裁判関係資料編」第2巻「英文資料編」
防衛庁防衛研修所戦史室著 「戦史叢書」全102巻(朝雲新聞社)
「第86巻 支那事変陸軍作戦〈1〉―昭和十三年一月まで―」
「第89巻 支那事変陸軍作戦〈2〉―昭和十四年九月まで―」
井口和起、木坂順一郎、下里正樹編 「南京事件・京都師団関係資料集」 (青木書店)

> それをしつこく要求してくるのはチャイナと南北コリアだけですよ

南京大虐殺はなかったとしつこく食い下がってるのは日本の右翼極右側ですよ、今回の河村市長の
問題もしかりです。ok

クルクルパー学者もどきは相手にせず。

歴史の真実を曇りなく見てみましょう。
戦前の日本が、明治維新で国際舞台に登場してから、百三十年以上が経過していますが、この間、アジアの国の中で、アジアの隣国を植民地にしたり、アジアの隣国に領土拡大の侵略戦争で攻め込んだ歴史を持つ国は、日本以外にはありません。植民地支配と侵略戦争の歴史をもっているのは、アジアの民族の中では日本だけです。ヒトラードイツのヨーロッパ侵略は、たいへん長期にわたるものですが、ポーランド侵略(39年)に始まりナチス崩壊(45年)まで6年です。ところが、日本の台湾の植民地支配は50年、朝鮮の植民地支配は35年、中国への侵略は満州事変(31年)から数えて足かけ15年と、際立って長いのです。その、日本が侵略したアジアの国々と、21世紀の今日に、過去の侵略戦争への反省をぬきにしては、友好な関係を築くことなどありえないのは当然でしょう。
日本人として、この点を肝に銘じる必要があると、私たちは考えています。
日本共産党は綱領に、戦前の歴史について、次のように明記しています。だからこそ、日本共産党は、アジア諸国民と真の友好関係をつくりあげる先頭にたつことができるのです。

【日本共産党綱領より抜粋】
日本帝国主義は、一九三一年、中国の東北部への侵略戦争を、一九三七年には中国への全面侵略戦争を開始して、第二次世界大戦に道を開く最初の侵略国家となった。一九四〇年、ヨーロッパにおけるドイツ、イタリアのファシズム国家と軍事同盟を結成し、一九四一年には、中国侵略の戦争をアジア・太平洋全域に拡大して、第二次世界大戦の推進者となった。
(略)
侵略戦争は、二千万人をこえるアジア諸国民と三百万人をこえる日本国民の生命を奪った。この戦争のなかで、沖縄は地上戦の戦場となり、日本本土も全土にわたる空襲で多くの地方が焦土となった。一九四五年八月には、アメリカ軍によって広島、長崎に世界最初の原爆が投下され、その犠牲者は二十数万人にのぼり(同年末までの人数)、日本国民は、核兵器の惨害をその歴史に刻み込んだ被爆国民となった。
ファシズムと軍国主義の日独伊三国同盟が世界的に敗退するなかで、一九四五年八月、日本帝国主義は敗北し、日本政府はポツダム宣言を受諾した。反ファッショ連合国によるこの宣言は、軍国主義の除去と民主主義の確立を基本的な内容としたもので、日本の国民が進むべき道は、平和で民主的な日本の実現にこそあることを示した。これは、党が不屈に掲げてきた方針が基本的に正しかったことを、証明したものであった。

>侵略とは何か

 ですって?

 当時の時代背景を知り、日本が中国に対して、どういうスタンスだったのかを認識する必要があるでしょう。
 日本は第一次世界大戦に参戦し、ドイツの植民地であった青島(チンタオ)を攻略します。日本の参戦の理由は、世界大戦に便乗してドイツがアジアにもっていた権益を横取りしようとしたものです。中国政府は、青島作戦が集結した後、日本軍が撤退することを要求しました。
 ところが、日本政府はこれを拒否し、逆に1915年1月、中国に対して「二十一ヵ条要求」――侵略的要求の一覧表をつきつけています。ここには、山東省、南満州、内モンゴル東部などを日本の排他的勢力圏とすることをはじめとした中国からとれるだけの権益を奪おうという侵略要求のあからさまな内容が列挙され、中国の政府に日本人を顧問として採用することや、警察は日中合同としろだの、兵器は日本の供給によるべきなど中国全体の半植民地化がのべられています。つまり、日本が当面は南満州や東部の蒙古を確保しつつ、いずれは中国全土の支配を視野に、中国への要求をつきつけた内容です。これが、韓国併合から5年後の歴史的事実です。朝鮮半島を手中におさめた日本が、次なる目的として中国侵略に乗り出した歴史が、当時の日本政府の手でまとめられているのです。
 このように中国を支配下に置こうとする日本は、さらに1919年関東軍をおき、中国侵略の中心部隊とします。その部隊が山東出兵を繰り返しますが、重要なことは、この時期に「東方会議」(1927年、田中義一陸軍大将のもとで開かれる)で「対支政策綱領」が発せられていることです。そのなかでは、もう日本の侵略は先に見た「二十一ヵ条要求」のように、中国になにかを要求としてつきつけることなく、実力で獲得すべき目標として満州と内モンゴルを支配することを公然と国策にしています。
 そして、1931年の柳条湖事件にはじまる満州事変、1932年の満州国設立、これらについての国際的批判を拒否し、いかなる妥協もしないと、日本は国際連盟からの最初の脱退国となるのです。さらに、1937年に日中全面戦争へとつきすすみます。
 こうした前史に続く日本の侵略行為が南京事件です。
 陸軍中将で旅団長として攻撃を指揮した佐々木到一の手記です。
「十三日。掃蕩をおわって背後を安全にし、部隊をまとめつつ前進、和平門にいたる。その後捕虜ぞくぞく投降し来り、数千に達す。激昂せる兵は上官の制止をきかばこそ、片はしより殺戮する。多数戦友の流血と十日間の辛惨をかえりみれば、兵隊ならずとも皆やってしまえといいたくなる。白米はもはや一粒もなく、城内にはあるだろうが捕虜に食わせるものの持合せなんか我軍には無い」
「十四日。城内にのこった住民はおそらく十万内外であろう。ほとんど細民ばかりである。しかしてその中に多数の敗残兵が混入していることは当然であると思われる。敗残兵といえども、尚部落山間に潜伏して狙撃をつづけるものがいた。したがって抵抗するもの、従順の態度を失するものは、容赦なく即座に殺戮した。終日、各所に銃声がきこえた。太平門外の外壕が死骸でうずめられてゆく」(出典:「南京攻略記」)
 この佐々木到一氏の記述は、南京事件から1年4ヶ月後の1939年4月、戦場記録と題してタイプ印刷を完了していた草稿によるものです。(1965年集英社版知られざる記録巻末の橋川文三氏による「解説」)
 その後の研究では、「激昂した兵士による行為」のみならず、上官からの殺害命令によるものという内容もあります。(藤原彰著「南京の日本軍 南京大虐殺とその背景」1997年大月書店刊)
 中央公論社発行の「日本の歴史」第二十五巻「太平洋戦争」の一節「南京占領と虐殺事件」では、林茂氏が次のようにのべています。
「その後もみさかいなく一般民衆にたいする虐殺が続くのであり、十五日の夜だけで二万人が殺されたといわれる。ドイツ人を責任者として南京につくられた国際救済委員会は、四万二千名が虐殺されたと推計し、そのほか、南京進撃の途上で三十万人の中国民衆が殺されたと見積もられている。このニュースは世界に大々的に報道されたが、日本人は戦後の東京裁判で追及されるまで、この事件を知らないでいた」
 南京事件が特別の注目を集めたのは、戦闘中に民衆にも死者が出たという話ではなく、戦闘中でも、戦闘が終了した後も、捕虜や一般民衆に対する殺戮行為が大規模に行われた点にありました。そこに肝心要の事実があるのです。
 このように、日本が中国に侵略戦争をすすめ、捕虜と住民に対する虐殺があったことは関係者の証言、そして東京裁判の認定で明らかです。意図的に「南京での事件はなかったのではないか」(市長)と言う市長を擁護し、もって日本が行った戦争を正当化しようという議論など、21世紀の世界にはいっさい通用しないことを知って下さいね。
 侵略とは何かと言いながら、過去の侵略に目をつぶることは、日本政府の公式見解をも否定する、国際政治ではもはや通用しない議論なのです。発言には気をつけましょうね。

真実一筋さんへ
アジアの国を侵略した国は日本だけではありませんよ。ベトナムはポルポト政権を打倒するためカンボジアを侵略しました。シナはそのベトナムを侵略しています。またシナはアメリカ軍がフィリピンから撤退するとすかさずフィリピン本土に近いミスチーフ環礁を占領しいまだに支配しています。
満州、南モンゴル、東トルキスタン、チベットはシナの領土ではありません。シナの領土は明時代の領土です。シナは満州、南モンゴル、東トルキスタン、チベットを植民地支配し、人々を虐殺しています。なぜこのことに目を向けないのですか。
東南アジアを侵略したという人がいますが、それでは東南アジアは欧米各国の植民地のままでおれということですね。東南アジアの人々は日本のおかげで独立できた言っています。
日本による朝鮮、台湾の統治は欧米各国と全然違います。欧米各国は植民地を収奪しましたが、日本は逆に資金を投下して民生の向上に努めています。19世紀末の朝鮮の人口は1千万人弱でしたが1945年には約2千5百万人になっています。
アジアの戦争犠牲者が2千万人の根拠はなんですか。1945年にシナ政府はシナの戦争犠牲者を132万人と発表しています。その後数字がどんどん増え、1995年には死傷者3千5百万人とし、1997年には死者3千5百万人としています。2005年にはシナ人研究者が5千万人としています。そのうち1億人になるのではないでしょうか。
なお、中国というのは我が国の山陰・山陽道をいうので世界中でつかわれているシナという言葉をつかいました。

  日中友好協会が河村市長の「南京事件」否定発言に抗議 へ書かれたコメント 

  →27日19時19分と20時22分のhiroのコメントを見てください。

 この人の本質、人間性、思想性がはっきりと記載されています。正体がはっきりしました。
 日本が構造改革路線に突き進み、雇用と労働を破壊して非正規の格安労働者をつくりだし、不況の中でも大企業が巨額の内部留保を蓄積してきたという現実から目をそらし、「自己責任論」に立って失業者を当人の責任としてののしる「ニート」攻撃、失業者差別です。
 人間としても社会を科学の目で見るうえからも最低です。
 さらに、共産党は恐ろしいだの工作員の伝統だの、戦前の反共攻撃そのままを、21世紀に口にできるなんて。時代錯誤もはなはだしいです。
 私はこれまで、個人の立場で、冷静に、答えられるものにはこたえようとしてきましたが間違っていました。この二つの書き込みを通じて、hiroなるものが、ただの弱いものいじめの差別者であり、半世紀以上も前の「赤狩り」レベルで日本共産党について見ているだけの、ただの極右勢力のはしくれでしかないことがはっきりしました。
 他のまじめな質問にはこれからも答えますが、hiroについては、今日この時間をもって、二度と対応しません。

南京人口20万人、40万人虐殺したら人口増えてた
こんな中国の主張に異を唱えるのは当然でしょう

私はそもそも日本が行った戦争は「侵略」だとは思いません。
自衛戦争です。戦争とは相手なしには成立しません。当時の日本は「自存自衛」を掲げていました。
私は日本人なのでそれを信じています。従って、諸国に謝る必要はありません。
日本の名誉と誇りを護ることが大切です。
それらを日本共産党はどぶに捨てるのです。
河村市長の発言は、「日本悪」の前提を考え直す、きっかけになったと思います。
世界中で戦争はありました。日本の場合、正当な交戦権に基づいて戦争を行いました。
自国を守るためにです。ですから、靖国神社に参拝にも行きますし、戦死された方々は
決して「可哀想」でもなく「犬死」でもない、日本を護った「英雄」です。
そう、思えない人は日本人ではありません。
戦ってくれた人々がいたから、今の我々がいる訳です。感謝と敬意を忘れたら
人として生きる値打ちがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/54046559

この記事へのトラックバック一覧です: 「土下座外交」の打破どころか、外交の道を閉ざす河村市長発言:

« 河村市長の「南京事件はなかった」発言に抗議と撤回を申し入れ | トップページ | 「南京事件」は「討論」問題などではない »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ