« 「福祉の構造改革」の受け皿にしてはならない 地域委員会制度の骨子案を議論 | トップページ | 保険証が手元にない後期高齢者が名古屋市内に55人 »

2012年1月31日 (火)

文化小劇場 磁気ループのPRを徹底します

 本日の市議会公社対策特別委員会では、名古屋市文化振興事業団が、文化小劇場などに設置されている磁気ループなどの集団補聴装置について、市民への周知を徹底することを表明しました。

 市内の文化小劇場13施設のうち11施設には難聴者のための磁気ループが設置されていますが、開館以来一度も使用されず、市民への周知もされていない施設が少なくありません。同特別委員会で私は、「昨年1215日付けの市健康福祉局障害企画課長名の通知で、磁気ループの設置と活用を促している。どのように市民に周知するのか」と質問。文化振興事業団の文化振興部長は「施設の音響備品リストに掲載するとともに、主催者との打ち合わせの際に口頭でお伝えする。『耳マーク』などの館内掲示で来場者にもお知らせしたい」と答弁しました。

使われないで埃をかぶっていた装置が、日の目を見る道を開いたと思います。難聴のみなさん、文化小劇場をご利用の際には、Tモード対応の補聴器を持参し、「磁気ループを使わせてください」と係員に申し出ましょう。中村区と南区の文化小劇場には設置されていませんので、設置するよう求めましょう。

« 「福祉の構造改革」の受け皿にしてはならない 地域委員会制度の骨子案を議論 | トップページ | 保険証が手元にない後期高齢者が名古屋市内に55人 »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/53869227

この記事へのトラックバック一覧です: 文化小劇場 磁気ループのPRを徹底します:

« 「福祉の構造改革」の受け皿にしてはならない 地域委員会制度の骨子案を議論 | トップページ | 保険証が手元にない後期高齢者が名古屋市内に55人 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ