« 交流を深めた「新春のつどい」 | トップページ | 小学校の統廃合問題 »

2012年1月17日 (火)

「高原列車は行く」の替え歌で敬老パスを守ろう

 名古屋の敬老パスを守ろうと、「高原列車は行く」の替え歌をつくった人たちがいる。中村区の年金者組合の人たちだ。3月に開かれる愛知県年金者組合の芸能祭で演じる「歌劇 敬老パス」の中で歌うという。

 「高原列車は行く」は、1954年に岡本敦郎が歌ってヒットした曲だ。私が生まれる前の曲だが、懐メロで聞いたことがある。この替え歌の歌詞の1番だけ紹介する。

電車の窓から     ハンカチ振れば

みんなの笑顔が    重なりこだまする

買い物しましょうか   ダンスにいこか

市バスに地下鉄    はるばると

ランラララーン       ラララララーン

敬老パスは       名古屋の誇り

 昨夜、日本共産党の名古屋市交通後援会の「新春のつどい」でこの替え歌が披露された。大ヒットして、敬老パスが現行どおり存続することを願っている。

« 交流を深めた「新春のつどい」 | トップページ | 小学校の統廃合問題 »

市民運動」カテゴリの記事

コメント

田口さま。毎日、ブログの更新ご苦労さまです。
成人の若者とのふれあいから、もちつき、自治会、こじょう会との懇談など幅広く活動されていることが、ブログでよくわかります。
これからもがんばって書いてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/53757212

この記事へのトラックバック一覧です: 「高原列車は行く」の替え歌で敬老パスを守ろう:

« 交流を深めた「新春のつどい」 | トップページ | 小学校の統廃合問題 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他のアカウント

無料ブログはココログ